オタクコインは何からの「非中央集権化」を実現するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回はTokyo Otaku Modeが昨年構想を発表した「オタクコイン」のトークン構造について調べてみたいと思います。もっとも、まだ構想段階で情報量も少ないので、ブロックチェーン関連イベントでの口頭発表や細かな発信から深読みを試みてみようかと。

Tokyo Otaku Mode社(以下、TOM社)は以前から有名なスタートアップです。Facebookファンをグローバルで2000万人集めた、Facebookマーケがうまい会社として認知されています。この発信力を活かして、海外向けオタクショップとしてEコマースをやっている会社です。自社での物流などにかなり力をいれているという発表を聞いたことがあります。

ありものの商品を海外向けに販売するだけではなくて、商品自体を作って販売することもしているようです。平均購入単価は100ドル。毎月15,000件以上の海外配送があり、商品点数も4万点を超えています。

そんなTOM社が昨年末に構想を発表したのが「オタクコイン」です。
公式サイトはこちら。

ピコピコ感がある背景画像が楽しい

アニメの視聴・コンテンツのシェア・コンテンツのレビューなどをするとコインがもらえ、このコインは買い物やプロジェクト支援やクリエイター支援に使える、とうたわれています。前半の方はリワード広告などの構造に近いですね。後者はファンディングとECでしょうか。ぱっと見る限り、TOM社による中央集権プロジェクトのようにも見えます。

オタクコインの構造

昨年末のティザーサイト公開の時によく見られたネットの反応としては「現金のような安定した通貨でやったほうがよいのでは」「モナコインで良い」「TOM社が儲かるだけでは」など。

発表直後のツイッターの反応。モナコイナーが多そう。

ホワイトペーパー公開前のプロジェクトで詳細については想像になってしまうので、論考は一番後ろにするとして現在分かっている概要を先にまとめます。

プロダクト進捗

構想段階。

2018年2月に公開された安宅氏へのインタビューによると、”ICOをせずに仮想通貨を創出することを草の根プロジェクトとして進めることも検討”とあります。

プロダクト概要

主にアニメ業界で使える独自コイン。アニメの視聴・シェア・レビューなどの普及活動を行うとコインがもらえ、グッズの購入・プロジェクト支援・クリエイター支援に使うことができる。
トークン建てでリワードの配布&ファンディングを実現する。

トークンの分類

基本的にはPayment tokenだが、投票機能などを検討しているようなのでutility性も持つ。
ERC20でやるのか、ほかの仮想通貨をフォークしてやるのか検討中とのこと。

トークンの用途

アニメの視聴・シェア・レビューなどの普及活動に対するリワードの配布。
グッズの購入・プロジェクト支援・クリエイター支援における決済。

主なスケジュール

ホワイトペーパーを2018春夏に公開、2018夏秋にプロジェクトを開始する予定。

主なメンバー

TOM社の中で本プロジェクトに関わる具体的なチーム構成は不明なので、本プロジェクト関連で登壇経験がある方をピックアップ。

小高奈皇光
共同創業者 / CEO
メリルリンチ→ガイアックスCFO→現職。

安宅基
COO
ゲーム系編プロ、アドネットワーク営業などの傍ら個人でプロダクト開発を行い、「Q&Aなう」を法人化の後にオウケイウェイヴ社にバイアウト。

坂入広和
事業開発室 プロデューサー
元ミクシィ。TOM社では全世界対応型クラウドファンディングサービス「Tokyo Mirai Mode」事業開発プロデューサーなどを歴任。

———-以下、推測———-

オタクコインは何からのdecentralizeを目指すのか

一般的に、仮想通貨を作ってICOする際には、それが分散型経済を実現するプロトコルなのかを問われます。現状ではオタクコインベースのDApps構想などは発表されていませんが、各種インタビューなどでは「中抜きされない」という言葉が多く使われています。

たとえば、公式mediumの『オタクコイン準備委員会活動レポートVol.1』のQ&Aでは、以下のような記述があります。

“ブロックチェーン技術やスマートコントラクトによって、”中抜き”されないことを担保した上で、ファンが直接アニメに携わるクリエイターやアニメ製作委員会に支援できるような仕組みを、仮想通貨の設計段階で組み込むことができます”
“世界中にファンを抱え、かつアニメ業界とのつながりもある企業体であるTokyo Otaku Modeや共同参画者が窓口となることで、公式的にクリエイターやアニメ製作委員会などへ資金提供を、契約に則って行えます”

オタクコインは代理店主導の製作委員会を殺せるか

これらの文面から推測すると、広告代理店や大手メディアという”中央集権”からのdecentralizeが実現され得る……と私は考えました。まずはオタクコイン建てでアニメの制作委員会に出資ができるように、という程度でしょうが、そもそもスマートコントラクトを活用して製作委員会方式自体をリプレイスできたら、これは明らかに非中央集権化となります。

製作委員会への参加企業がアニメの宣伝にコミットする構造も、製作委員会に出資した個人含めた各プレイヤーが宣伝をがんばることで、置き換えうるとも考えられます。さすがに広告代理店や大手メディアを敵に回すことは現状のビジネス上難しいかと思われますが、いまのところアドバイザーに名を連ねるプレイヤーで大手メディアというと…小学館くらいでしょうか。

こういった座組で、SNSでのバズで想定外のヒットとなった「けものフレンズ」のような草の根からのヒットが生まれたら、それは非中央集権派にとって良い未来なのではないかと思います。

もっとも、すべて憶測に過ぎませんが……。ミートアップ等に参加して、最新情報が分かり次第またレポートしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*