デジタルマーケティング支援やメディアなど多数事業を手がけるSpeee社が、ブロックチェーン技術を活用したデータマネジメントプラットフォームの構想を発表しました。プロジェクト名はDatachain。

取引を独自トークン建てで行うようです。Speee社といえばかつてはSEO事業で有名でしたが、今は多彩な事業を手がけているようです。きちんと開発体制がある大きな会社がこのような事業にチャレンジされるのは興味深いです。未上場ならではのトライともいえるかもしれません。

公式サイトはこちら。
Speee社ファウンダーの久田さんが責任者とのこと。今回の構想発表にあたってのmedium記事が面白かったです。

上記2サイトから調べた概要をざっくりとまとめます。

プロダクト進捗

2018年夏から実証実験開始を予定
ICO予定はないが仮想通貨交換業の登録申請は準備中。

プロダクト概要

ブロックチェーン技術を活用したデータマネジメントプラットフォーム。各社が保有する機密データを匿名化した状態でプライベートチェーンに記録し、独自トークン建てで利用権の取引が行える。データ取引マージンは無料。

データを活用したDAppsが作れるようになっており、初期は無償、グロース後の手数料がデータプロバイダにレベニューシェアされる。

暗号化&匿名加工情報化してブロックチェーンに保存するため、プラットフォーマーも匿名化されていない情報を見ることができない。そのため、購買データや会員データなどの重要なデータも含めて預けられるのが優位点。また、スマートコントラクトでデータのマスキング有無、誰への利用を許可するかなどもコントロールできる。

トークンの分類

独自トークンであるDatachain Tokenは当該プラットフォームにおける基軸通貨として機能する。決済トークン。

トークンの用途

データプロバイダはデータを預けるときにトークンを得る。また利用者はトークンを購入してデータの取引を行う。

主なメンバー

久田哲史
2007年Speee創業時の代表取締役で、現在は新規事業に専念するために代表を交代して取締役。